親族の概要を記載した書類は帰化申請書類の中の必要書類の一つです。

親族の概要を日本在住の親族と外国在住の親族と別々の用紙に記載します。

 

「親族の範囲」は、申請をしていない同居の親族(申請者は申請書に記載するので不要です)のほか、申請者の配偶者(元配偶者を含む)親(養親を含む)、子(養子を含む)、兄弟姉妹、配偶者の両親、内縁の夫(妻)、婚約者です。

 

これらの親族については、死亡者についても記載します。
(〇年〇月〇日死亡と記載する)

 

記載内容は
・続柄
・氏名
・年齢
・職業
・住所
・交際の有無(お付き合いのない方は無と記入し、住所などが不明の場合は不明と記入する)
・帰化意思の有無(対象は外国籍の者のみ)
・帰化に対する意見(賛成・反対・特になしのどれか)
・電話番号
・帰化申請した者又は帰化申請中の者がいる場合は「〇年〇月〇日帰化または申請」と書く

以上です。

親族が多い場合は、複数枚にわたり記載します。

通常は、まずは同居の親族から記入していき、父母⇒子⇒配偶者の親という順序で書きます。

 

これらは、同じく帰化申請書類である「出生届記載事項証明書」や「婚姻届記載事項証明書」「住民票」「戸籍謄本」などと照合されますので、正確に記入しましょう。

 

PAGE TOP