帰化申請書類の中で、こちらは、添付書類の中の「書く書類」です。
 

収入・支出を細かく記載します。
 

収入については給与収入、家賃収入など全て記載します。
同居者の方がいる場合は、その方の収入も記載してください。 

支出については食費、住居費、教育費、返済金、生命保険等掛金、預貯金、その他の支出を書きます。
 

収入=支出になるように書きましょう。 

 

残りは負債預貯金不動産株券・社債等高価な動産を記入します。 

負債につきましては、
・借入の目的 例:自動車購入 
・借入先   例:○○銀行 
・残額 
・完済予定  例:令和6.1 

預貯金につきましては、
・預入先   例:○○銀行○○支店 
・名義人 (同居者も含む) 
・金額  (現在入金されている残高) 

  

不動産はお持ちの分全て記載します。国外にあるものも含みます。 

書く内容は
・種類(宅地、共同住宅鉄筋コンクリート造など) 
・面積(〇〇㎡) 
・時価(時価〇〇万円程度) 
・名義人(同居者も含む) 

 

高価な動産については、概ね100万円以上するものを記載しましょう。
動産(車、宝石、時計、絵画など) 

 

生計の概要書によって、現在の生活の状況を法務局に明らかにします。 

現在の収入や支出、預貯金など重要な要素が含まれている書類ですので、なるべく正確に記入するようにしましょう。 

 

預貯金につきましては上記内容を記載しますし、場合によっては通帳の写しの添付を求められることがあります。 

 

多少の出入金により、誤差が出るのは仕方ないですが、なるべく最新の残高を記載するようにしてください。
 

ちなみに申請者でなくとも、同居者全員分のものが必要です。 

 

PAGE TOP