申請書は申請者ごと作成します。複数人いればその人数分。

申請年月日欄は、受付の際に記入しますので、空欄のままにします。

 

申請書の中の出生地につきましては、地番まで詳しく記載してください。
地番等が不明な場合は、「以下不詳」と記載します。

 

住所が、マンション、アパート等の場合は、マンション名、アパート名及び室番号まで記載します。

 

通称名がある場合には、これまで使用した通称名の全てを記載してください。

 

帰化後の本籍は、土地の地番あるいは住居表示が使用出来ます。

ただし、住居表示番号の場合は、「○丁目○番」(○号は記載出来ません)と記載します。

正確な表記は、必ず事前に市役所の戸籍の係に確認するようにしましょう。

 

帰化の許可がおり、役所へ帰化届をするとその籍地に戸籍謄本が作られます。

 

PAGE TOP