帰化申請における素行要件って一体なんでしょうか? 

(あの時のあの行いが心配だハンドルを握ると人が変わるので交通違反がたくさんある)
(昔、若気の至りで色々悪いことをやってしまった)
(これまでお金絡みの失敗を繰り返している)
(最近カッとなって、友人を殴ってしまった)
(兄貴が乱暴な人で、警察にお世話になっておる) 

みなさん、何かしら不安が多少なりともあるでしょう! 

 

素行要件について、明確な基準があるわけではありませんが、一定の線引きがあります。
前科、交通違反、交通事故、家族に犯罪者がいるなど) 

やみくもに申請した結果、不許可にならないように、その判断は法務局の事前相談をご利用になるか、行政書士などの専門家の無料相談サービスをご利用下さい。 

ケースによっては、申請まで期間を置くことで申請出来るケースや、ご本人は半ば諦めてらっしゃる場合でも申請可能であるケースもございます。 

 

そして、一旦帰化申請が無事に法務局で受理されたからといって、油断は禁物です。

せっかくの帰化申請が無駄にならないように、そしてややこしい追加書類を求められて審査が遅滞しないように、特に注意して生活しましょう。
 

それでもしてしまうのが交通違反です。 

 

軽微な違反に関しましては、注意していても犯してしまうこともあるかと思います。

軽微な違反でも、帰化申請受理後は法務局に報告をしなければなりません。
 

PAGE TOP